2017-10

ミサイル飛ばなかったようで・・・良かった!

まだ、わからないけど・・・・
ミサイル飛ばなかったようで・・・良かった! ちょっとホッとしました。
また、北朝鮮が、世界中が安心しているのを逆手にとって
別な日にやるのかもしれないけれど、
とりあえず、今日、今のところは、

新しい危機に突入しなくって、本当に良かった!

では。では。

全文を表示 »

明日はアラート鳴るのかな??

さて、急な解散で、明日が選挙の公示日。
しかも、ミサイル・核実験で非難している相手北朝鮮の記念日なんだとか・・・。
トランプとの非難合戦続く中、またミサイルが飛ぶ可能性が・・・。
その日が告示日で、22日の投票日まで、衆院議員様皆うちそろって、
地元に帰って頭ぺこぺこ行脚。
と、いうわけで、解散を決めた安倍さんが、「北朝鮮の脅威は国難!だから選挙!」って、
最大の脅威ミサイルが飛ぶかも知れないその最中に選挙で政治空白をつくるなんて・・・?
訳わかりませんねえ。
うがった見方では、ミサイルが飛べば、今度は全国でアラートを鳴らし、
「この危機に、北朝鮮に断固立ち向かう、安定した強い与党!」
と、危機を煽り、叫びまくれば、不安になった国民の支持が増え、
選挙に勝ってメデタシ。メデタシ。と計算して日程が組まれたのでは?
なんて言われてもいるのですが・・・。

基本的にはモリ・カケ問題で更に支持率が落ちるのを嫌って、
野党がバラバラな間に抜き打ち解散をすれば、組織票に勝る与党が勝利。
勝てば官軍。モリ・カケ問題のみそぎも完了という筋書きのよう。
党首討論でも、
「これまで十分に丁寧に説明してきた。皆が理解しないのは、一部の新聞が正しく報道しないからだ。」
と、これ以上の説明を事実上拒否。

突然の解散に、あわてたのか?はめられたのか?
野党第一党が突然消滅。
何とかファーストと、横文字大好きな小賢しいおばさんが
自民党よりライトでは?という新党を立ち上げて、
これまで、中道だと思っていた旧野党第一党の大部分が参加。
大昔の話題かと思っていた、「踏み絵を踏んで」なんて現象も・・・・・。
その後、「本筋を取り戻せ!」とリベラル新党も立ち上がって、
ちょっと投票選択がしやすくはなったものの、

あらためて、政治家の信条、哲学って、まあ、軽いものと驚嘆。
要は、何をしても、選挙に通りさえすれば、すべてOKという、
浅はかな、「政治屋」が多すぎ。
主権を持つ国民の姿は、蒔いたえさに食いついて単なる票を入れる
数だけの存在になりそうです。

まあ、大切な国政選挙なのに、わずか12日間。
しかも、無所属候補は政見放送もできず、割り当ての葉書も少なく、
何よりも、比例復活制度も適用されないという、不公平、歪な、
変な選挙制度のせいで、22日まで、ただただ、名前連呼の選挙カーの雑音が続き、
聞き心地の良い甘い公約だけが強調される中で、

間違いなく、国民の方を向き、政治に取り組もうという、
信条、哲学をもった政党、候補者を我々が見分けていかねばならないこと。

それにしても、前回の選挙も、浮動票を減らし、組織票に頼るために
低投票率を狙ったのか?師走・12月という非常識な繁忙期に行われたし、
今回も臨時国会をまともに開かずに、ややこしい時期に突然解散とか、
「天皇の国事行為の一つとして、内閣の助言と承認により天皇が衆議院解散をする」
という憲法七条を勝手に解釈をして、
時の首相が自分に都合の良い時に独善的に解散を行うなんて、ひどい話だね。
そのたびに650億もの税金が使われる・・・・・・・・。

日本の民主主義なんて、こんなもの・・・・・・。
世界的に見たら、到底先進国とは評価されない状況。

皆も、もっと、目覚め、怒らなければ・・・・・・。

さて、明日、アラートは・・・・・・・・?????

では。では。

オオカミ少年に・・・・・?

大騒ぎを続ける日本をおちょくって、北朝鮮が、
「日本の四島を核の力で海に沈める!」なんて漫画発言をしたと思ったら、
予想通りの、ちょっと制裁強化を決めた国連決議に反発を名目に
またまたミサイル発射。北海道上空700KMを通過して太平洋上に・・・・。

例によって、大げさにアラートが鳴り響き、アメリカABC放送でも、
ブレイキングニュースとして、北朝鮮がミサイル発射して、日本で警報が鳴ったと報道。
自衛隊の破壊行動無し。ウオッチだけという、日本に直接影響が全くない状況なのに、
NHKは緊急特番体制で、すだれの管君の会見が続き、
新幹線をはじめとして広範囲に鉄道などが様子見と点検で一時停止。
北海道ではプロゴルフの大会が一時中断。選手はクラブハウスに避難して、
40分も再開までかかったとか・・・・・・。
今回は公邸では無く、インドからの帰りの飛行機の中でニュースを聞いた(?)
首相様も日本に着いて、難しい顔をして「断固たる!」と同じフレーズでコメント。
まあ、まあ、大変なことです。

わが町西宮でも、17日の日曜には、町を挙げて緊急避難訓練をやるのだそうで、
訳もわからない子供達が、集団で、頭を抱えて突っ伏すのが見られるんでしょうね。
なんだかなあ・・・・・・。

しかし、今回のアラートでは、北海道でも、
「またか? でも、前回のこともあって、今回も我々に直接関係ないだろう・・・」と、
聞き流して普段通りの人もかなり多かったようで・・・・・・・・。

あんまり、大騒ぎをして煽りまくると、
単純な国民は、全く気にしなくなって、アラートが意味なくなるよ。

日本国、日本政府が オオカミ少年 になってしまうのでは?????

戦争は絶対避けねばならないのだから、
制裁も大切ではあるものの、
何としても現状で一旦止めて、話し合いのテーブルに就かない限り、
決着は着かないみたいだね・・・・・・・・。
まあ、その点ではプーチンの見立てが、一番現実的なのかな?

それにしても、核不拡散条約に入らずに、核保有をしているインドに
原発を輸出して、その結果彼らの、核爆弾用に転用できるプルトニューム製造に
お墨付きを与え、手伝う、世界唯一の被爆国って、何なのかな・・・・・?

くわばら。くわばら。

戦争マターをもてあそばないで欲しいねえ!

朝のニュースショーなるものをつけたら、
野党第一党のエース女性議員の不倫疑惑騒動を延々と・・・・・・。
もう、何度となく繰り返される、目障り人物の下ネタ印象操作による潰し。
前文部次官の前川氏に対してもあったが、野党議員に対しても同様。
そういえば、以前は、小沢一郎さんに対しても、家庭不和説などのその手の攻撃があった。
与党内の下ネタ問題や、軽犯罪問題、政治資金問題などについては、
与党は一致してしっかりと守るようだが、
野党となると仲間内からも後ろから鉄砲を撃つやつが・・・・。
お抱えマスゴミも、予想通り大活躍で、
まったく国の政治とは何の関係も無いことで、
海外のニュース番組の格調高さとはあまりにもかけ離れた、情けない報道姿勢。

この番組でその後取り上げられた、北朝鮮問題が本当に最悪。
次はミサイルが東京上空を横切るとか、撃ち落とす場合の方法、手段とか、
元米軍高官が、15分で北朝鮮を壊滅状態に出来るので、
北朝鮮の反撃は心配ないと言ったとか、
本人が一度も戦争の経験をしたことも無いだろうと思われる、自衛隊の元将軍が
パネルを前に、無責任な煽りと、解説を垂れ流し、
それに対し、司会者やコメンテーターが馬鹿な反応を繰り返す。

TVのプロデューサーも、司会者も、コメンテーターも全て戦争を知らない世代。

戦争って「命のやりとり」で、とても重く重大なマターなんだよ!
そんなに簡単にバラエティーネタとして、もてあそんだりして欲しくないね。
今朝は、心の底から腹が立った。


更に、昨夜の○HKのニュース。
ロシア・プーチンと安倍首相の会談はまったくすれ違いで
正反対に近い両者の報告であって、意見一致などなかったように見える会見なのに、
何と、安倍首相の「北朝鮮に対する制裁に協力すると両者合意」という言い分ばかり強調。
正しい報道はどこへやら?
政府報道機関の国営放送そのもの・・・・・・・。

本当に、どんどん、レベルの低い 嫌な国になって行くような・・・・・・・?
涼しくなり出して身体に応えだした夏バテが、一層進行しそう・・・・。

やだ。やだ。



ますますエスカレートですねえ

ミサイルが日本を飛び越えたってアラートが鳴って大騒ぎでしたが、
9月になったら、何と水爆の実験が・・・・・・・。

不思議なことに、今度はアラートは鳴りませんでしたが、
多分、北は、アメリカは武力での攻撃に出ないと見切ったようで・・・・・?

ABCニュースを見れば、第一はアメリカ南部の洪水のニュース。
ミサイル、核実験については、米国の問題である印象を薄め、
韓国、日本への脅威を強調した報道。
さて、現実的に韓国国境等で偶発的な事故が起きた時、
米軍はどんな行動をとるのか・・・・・・・?

これまで、アメリカ様一辺倒の外交しかしてこなかった日本は
どうすべきなのか・・・・・・・
新たに、膨大な金額の武器をアメリカから買わされることが
唯一の結果とは到底考えられないけれどね。

元外交官の孫崎氏が書いているけど、
現実と、政府の広報ややろうとしていることに大きなギャップが・・・・・?

http://biz-journal.jp/2017/09/post_20456.html


それにしても、野党第一党の無様な姿を見ていると、
当分安倍一強の、日本武装強化への道が続きそうです。

なんだかなあ・・・・・・・?

«  | HOME |  »

プロフィール

m.inaba

Author:m.inaba

Myonta の Blogへ
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する